公務員つらい、辞めたい!転職してわかったことを公開します。

私は、数年前まで、公務員として市役所で働いておりました。

退職した今、ものすごく狭い世界で生きていたなと実感しています。

実際に本稿を書いている中で、私の同僚にも仕事がつらい、辞めたいと言っていた方がいたこと、しかし辞める方は少数派だったことを思い返しています。

現実的な話をすると、公務員ほど給料や身分の安定した職業はそれほど多くはありません

そんなメリットがあるにも関わらず、私はどうしても公務員を辞めたいと思っていました。
毎日が本当につらく、一日でも早く辞めたいと思いながら日々過ごしていました。

私は長く公務員として働き、辞めてみて初めてわかったことを綴っていきたいと思います。

本稿を読んでいただいている皆さんにとって、少しでも今後の参考になれば嬉しく思います。

1.なぜ公務員を辞めたいと思ったのか?

当時の直属の上司たちは、毎日市民に罵倒され、そのストレスの捌け口として部下をいじめ、庁内の噂をいち早く仕入れることに躍起になり、仕事をサボってタバコを吸う、まるで見習うべき点がないように思えました。

毎日、上司からの部下いじめがあり、私にはそれほど影響は及んではいませんでしたが、先輩職員は毎日ハラスメント被害に遭っていました。
助けたくても助けられないもどかしさもありましたが、私に迫りくる実害を恐れていました。
明日は我が身という状態です。

問1.公務員を辞めた原因は?

実は、入職して数日で、この職場の人間関係は良くないと気が付きました。

そして、毎日ハラスメント被害が起こっていたので、職場の人間関係が嫌になり、転職することを考えるようになりました。
公務員の仕事内容がつらかった訳ではなく、人間関係が原因でつらく、辞めたいと考えていたのです。

本当は、公務員として、まだまだやりたい仕事もあったので、続けられるものなら続けたいと思いましたが、ある時布団から全く出られなくなりました。

それでも、なんとか踏ん張って仕事に行っていましたが、頑張りは長くは続きません。
それまでは、辞めたいという願望のレベルでしたが、職場に行けなくなった時点で、早急に転職活動に取りかかった方が良いと判断しました。

しかし、若かったため、転職活動を始めてみると当初の予想よりも苦戦せず、希望する企業から内定をいただくことができました。

2.公務員から民間企業へ転職はできるのか?

公務員からの転職は、若い方であれば十分に可能だと思います。

公務員として働くことがつらい、そして辞めたいと考えている方は、転職することで状況が好転する可能性が高いです。

公務員としての仕事に適正がないと考えている方は、違う分野の仕事なら能力が十分に発揮できる可能性だってあるのです。
人間関係に苦労されている方も、転職することで状況を劇的に変えられます。

 

問2.公務員に適した転職方法は?

転職サイトに登録した上で、転職サイトのエージェントの方と面談をすると、自分の今の状況や希望から転職先の候補を紹介してくれます。
転職サイトの中でも、必ず登録した方が良い転職サイトがあります。
それは、ビズリーチという転職サイトです。

ビズリーチは年収600万円クラス以上のハイクラス求人も多いことが特徴ですが、もちろん多様な求人があるので、皆さんの希望に合った求人を選ぶことができます。

ビズリーチは、求職者の経歴や経験よりも、今の熱意や希望を重視しているので、公務員から民間企業に転職という経歴も十分活かすことができ、他の転職サイトよりも圧倒的に公務員からの転職に適しています。

どのような求人があるかを確認することがはじめの一歩です。

問3.公務員のキャリアは役立つのか?

キャリアに関しては、公務員時代の仕事スキルは、次の仕事でも充分に生かせると思います。
やはり、公務員は文書化するのが得意ですし、決裁書類をしっかりとチェックしたりと緻密な仕事を求められますよね。
そういった経験は、現在の仕事でも生かすことができています。

しかし、これらのスキルは、営業経験のような履歴書に書いて、大きくプラスになる要素ではないので、入社してから効いてくるスキルと言えます。

3.公務員を辞めて後悔していないか?

実際、公務員を辞めて、後悔したことは一度もありません。
長く勤めている方は、同僚と会えなくなるなどの寂しい気持ちはあるのかもしれません。

今現在、布団から出れないことはなく、仕事も楽しく続けることができているので、転職をして本当によかったと思います。

そして公務員のときは、連休の取得が非常に困難でしたが、今の職場は連休を取得しやすいのです。

前職では、土日を合わせた三連休は取得できず、夏季休暇も連続で取らないことを上司が推奨していました。
もし、それを無視してしまうと、すごく嫌味を言われます。
それが嫌で三連休の取得を遠慮していました。ここが公務員のつらい点ですよね。

問4.公務員を辞めてよかったことは?

辞めた結果、これまで行けなかったヨーロッパの遠い国やアジアの近隣諸国にも頻繁に行けるようになり、公務員のときにはできなかった経験をしています。

また、公務員時代の親睦会(飲み会)は、いつも同僚の悪口や仕事ができないと馬鹿にしたり、生産性のない話を永遠にするだけでした。

それから解放されたことも本当に嬉しかったですし、自分もきっとたくさん言われてたんだろうと思っています。

4.公務員を辞めたいと思う方へ

公務員を辞めて、私自身は本当によかったと思っています。

省庁、都道府県、自治体にもよって状況が違うと思いますが、今の状況がひどく、つらい・辞めたいと思っている方は転職を考える時期なのだと思います。

公務員を辞めても、スキルを生かす仕事はたくさんありますし、今が人生を大きく好転させるチャンスなのです!

最後に、公務員から転職するか迷っている方もいらっしゃると思います。
ビズリーチに登録し、求人を確認するだけでも、気持ちに余裕が生まれる効果があります。

ビズリーチの詳細はこちら