公務員つらい、辞めたい!転職してわかったことを公開します!

私はもともと公務員をしておりました。

辞めた今、ものすごく狭い世界で生きていたなと実感しています。

実際に書いていて、私が勤めていた職場の人の中にもつらい、辞めたいって言っていた人がいたな、でも辞める人って本当にごく少数派だったなと思い返しています。少数派というより、実際に辞めたのは私だけでした。

仕事を辞めるのは、すごく体力を使いますし、簡単ではありませんね。次の仕事も見つけないといけないですし、仕事をしながらの転職活動も大変です。

それに、公務員ほど給料や身分の安定した職業はそんなにありません
でも、医学部を再受験して、医師になるなら話は別だと思います(笑)

ボーナスも1回で2か月分もらえるのも公務員の良いところです。
大企業は、もっと給料のいいところはたくさんありますが、大企業以外の民間企業でボーナスを1回で2か月くれるところって意外と少なかったりします。
年2回のボーナスで4か月分は公務員の良いところの一つです。

そんな給与面のメリットがあるにも関わらず、私はどうしても辞めたいと思っていました。
つらく、一日でも早く辞めたいと思う日々を過ごしていました。

私はそれほど長く勤めていた訳ではないので、えらそうなことは言えませんが、辞めてみて初めてわかったことを私なりの言葉で綴っていきたいと思いますので、少しでも皆さんの今後の参考になれば嬉しく思います。

スポンサーリンク



1.なぜ辞めようと思ったのか。

正直、自分が年齢を重ねた末、上司たちのような人物になってしまうと考えると未来が見えすぎて、嫌だったことが一番です。
シワシワのシャツを着て、市民に罵倒されて、部下をいじめて、噂好きで、いいところがないなぁと思っていました。
自分もこんな風になってしまうのかと思うとガッカリしていました。

そんなことを言うと、大層えらそうですが、本当は職場の人間関係が全く合わなくて、上司や同僚との関係がうまく築けなかったのが原因です。
入職して数日で、この職場の人間関係は良くない、まずいと気づいたほどです。
入職初日に、先輩職員に呼び出されて、気に入らない点というのを伝えられましたし、先輩職員は常に上司から人格否定をされていました。
まるで、中学校の部活動みたいでした。
今振り返っても、戻りたくない職場です。

公務員の仕事内容がつらかった訳ではなく、人間関係が原因でつらい、辞めたいと考えていたのです。

本当は、公務員として、やりたい仕事もたくさんありましたし、続けられるものなら続けたいと思いましたが、あるとき布団から全く出れなくなりました。
布団から出れないのは、完全にうつ病ですね。
それでも、なんとか仕事に行っていましたが、遂に限界を迎えました。
そのときまでは、辞めたいという願望のレベルでしたが、職場に行けなくなった時点で、転職活動に取りかかった方が良いと判断しました。
そこで、あてもなく転職活動をすることにしました。

しかし、若かったからか、転職活動を始めてみると予想よりもうまくいき、なんとか次の職にたどり着くことができました。
内定は1社からいただき、その会社に転職することになりました。

その間、内定まではすくにたどり着きましたが、職場への言い訳などかなり苦労はしました・・・転職理由ももっともらしく考えることや、面接のために有給休暇を取得しました。
そしてその結果、内定をいただけたので、辞めることになりました。

2.公務員から転職ってできるの?キャリアは無駄にならない?

公務員からの転職は、若ければ十分可能だと思います。

公務員として働くことがつらい、それに辞めたいと考えているなら、転職に挑戦することで状況が一変します。
公務員としての仕事に適正がないと考えている方は、違う仕事なら能力が十分に発揮できる可能性があります。
人間関係に苦労されている方も、転職することで状況を劇的に変えられます。

その前に、部署を変わるだけで問題が解決できるようなら、積極的に希望を出しましょう。
そして、上司に直談判するのも有用かもしれません。

それでも状況が改善されないときは、前向きに転職を考えても良いと思います。

そして、転職サイトに登録した上で、できれば企業展にも参加した方が良いところが見つかると思います。転職サイト数社は登録してみた方が自分の立ち位置や評価がわかってよいと思います。ビズリーチはハイクラス求人が売りの転職サイトですが、求職者の経歴よりも熱意を重視しているので、公務員から民間企業に転職という経歴も十分活かせると思います。

個人的に、たくさんの転職サイトを比べてみても、公務員からの転職には最もオススメできます。

登録し、エージェントと面談してみると、公務員からの転職について、アドバイスが得られると思います。
まずは、登録してみましょう!

年収600万円以上の方に最も支持される転職サイト/ビズリーチ

公務員からの転職ではないのですが、どうしても特定の職に就きたいという友人は、あえて新卒サイトから応募をしていました。
新卒サイトしか募集しない会社もありますので、既卒3年以内であったら、そちらから応募しても良いかもしれません。
そしてその友人は、見事内定をとっていました。
それも、新卒でしか入れないような、優良企業です。
とくに、CAやパイロット、アナウンサーなどの専門職ほど、そのように新卒サイトからの応募が成功するように思います。

公務員からパイロットへの転職が叶ったら、かっこいいですね!

キャリアに関して、正直、公務員時代の仕事のスキルは充分に生かせると思います。
やはり、公務員は文書化するのが得意ですし、決裁書類をしっかりとチェックしたりと緻密な仕事を求められますよね。
そういった経験は、現在の職でも生かすことができていると思います。
しかし、これらのスキルは、営業経験のような、履歴書に書いて、大きくプラスになる要素ではないので、入社してから効いてくるスキルと言えます。

スポンサーリンク



3.公務員を辞めて後悔していない?

実際辞めてみて、後悔したことは一度もありません。
長く勤めている人は、後悔することもあると思いますが、情の部分は全くないです。
しかし、待遇面はやはり羨ましく思うところはあります。やはり公務員は、福利厚生充実していますもんね。

今の現状で、少なくとも布団から出れないことはないので、その点は非常に良かったと思います。
そして、現在はうつ病ではなくなり、楽しく仕事に通えています。

それに、公務員のときって、連休が非常に取りにくかったんです。3連休は取れないとかルールを勝手につくっていたり、夏季休暇は連続で取らないことを上司が推奨していたりしました。もし、それを破ったら、すごくネチネチと嫌味を言われます。
それが嫌で遠慮をしていました。公務員のつらい点ですよね。

しかし辞めた結果、行けなかったヨーロッパの遠い国やアジアの近隣諸国にもたくさん行けるようになりました。
そして、晴れて、世界を旅する会社員ブロガーにもなれました!

辞めてみて、いろんな人に出会える仕事に就けたのは今の仕事にかわったメリットの一つかと思います。
公務員時代は、ほとんど市民としか関わらなかったですが、今ではいろんな業種の人と仕事をする機会に恵まれています。

また、公務員時代の飲み会っていつも同僚の悪口とか仕事できないとかそんな話を永遠するだけだったんですよね。
それから解放されただけでも本当に嬉しかったですし、自分もきっとたくさん言われてたんだろうなあと思っています。

4.最後に

公務員を辞めてみて、良かったこと、悪かったこと(待遇面のみ)、いろいろありますが、私自身はやはり辞めてよかったと思っています。

省庁、都道府県、自治体にもよって状況が違うと思いますが、今の状況がひどい、つらい、辞めたいと思っている方がご覧になっているのだと思います。

私からのメッセージとしては、公務員を辞めても、スキルを生かす仕事はたくさんありますし、大きく人生を好転させるチャンスかもしれません!

逆境は変革のチャンスですので、これを機に今後の人生を見つけ直す良いきっかけだと思うと今の状況ってそんなに悪いものじゃないですよということです!

しかし、公務員はつらい、辞めたいと思っていても、何らかの強い要因がなければ、行動を始められない人もいるでしょう。
しかし、良い方向に方向転換できるチャンスですので、転職や次のキャリアに向けて一歩踏み出してみましょう!

年収600万円以上の方に最も支持される転職サイト/ビズリーチ


関連記事
1.月曜日が憂鬱、つらい。ブルーマンデーを軽くする方法を紹介します。
2.公務員はモテるのか?民間企業と比べてみました!
3.後悔しない人生を送りたい!実践するためにはどうしたらよいか?
4.公務員から大手企業へ!転職市場ではどんな評価をされるのか?
5.仕事つらい、嫌だ、行きたくないと思うあなたへ。対処法を公開します。

Follow me!