【五月病の治し方】必ずリズムを取り戻す方法!

ゴールデンウィークが終わると、会社や学校に行きたくないという五月病の方も多いのではないでしょうか?
五月ではなくとも、ずっと五月病を患っている方もいらっしゃるかと思います。

まさしく、私もその一人でして、毎年程度は違えど五月病を必ずと言っていいほど患います。
もはや、五月病のプロと言ってもよいほどです。
五月ではなくとも、五月病を患うので、対処法を一生懸命に考えていました。
そんな私が、実践しており、効果があるなと思った方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



1.帰れるときは、定時に!できるだけ早めに帰る。

私は、五月病だと思ったら、なるべく早く仕事を切り上げるようにしています。
そんな早く帰れない!と思われる方もいると思いますが、五月病のときは、ただ座っているだけでも精神的にきついですよね。
長く残業をして、職場にいたところで、なかなか効率も上がらないのが事実です。
そのため、私はリズムを取り戻したり、職場に慣れるために定時で帰るようにしています。

ただ、周りの視線はやはり気になるところですよね。
でも、パフォーマンスを最低まで落として、ダラダラ残業しているより、よいのです。
周りの視線を気にして、五月病を治せないという状況は絶対にやめた方がよいでしょう。
五月病は自然に完治することもありますが、そのままずるずると退職に向かってしまうよりは、なるべく早く帰って、リラックスした時間をとることの方がよほど良いのです。
のんびりとリラックスした時間を取ることは、治りを早くしますので、ぜひ早く帰りましょう!

2.早く帰った上で、夜は8時台に寝る。

夜8時ってかなり早いと思いませんか?
でも、五月病のときは、非常に眠たいのです。
8時でも充分に眠りにつけますので、早く寝てしまいましょう!
あまり科学的なことは詳しくないですが、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌は睡眠によって促されますので、寝ることは五月病にとてもよいことなんです。

五月病は一種のうつ状態だと思います。
うつ病の治療にもセロトニンの分泌を促す薬が用いられますので、寝ることはやはり五月病を治すための一歩だと思います!

3.毎日できる好きなことをする。

読書でも、ランニングでもなんでもよいのでリラックスできることをするとよいと思います。
私自身の好きなことは、このように記事を更新することですので、これがストレス発散になっています。
どのような方法でも良いので、ストレスが発散ができればよいと思います!

どうしても、好きなことがないという人は、10分ぐらいウォーキングすることをオススメします。
今の季節、夜風が心地よいので、のんびりぼーっとしながら歩いていると、仕事や学校のことも考えなくなるので、お薦めです。
そして、できることなら、ご家族やご友人など大切な人に悩みを打ち明けながら、ウォーキングをすると良いと思います。
悩んでいることを吐き出すだけでも、精神的にすごく楽になれますし、ウォーキングで身体を動かすことでもストレスを解消できるので、相乗効果が見込めます。

4.最後に

五月病の治し方というテーマで私がこれまで実践してきた、そして現在していることを紹介させていただきました。
五月病はリズムさえ取り戻せば、治りますので、少しでも早く治すために上記のことを取り入れてみてください!

どうしても、今の状況から抜けられないという方は、転職を考えても良い時期かもしれません。
個人的お薦めするのが、ビズリーチという転職サイトです。

年収600万円以上の方に最も支持される転職サイト/ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス向けの求人が多いように思われていますが、幅広い求人があります。
ビズリーチの優れているところが、今の状況を打破したいという思いを汲んでくれる点ですので、仕事を変えて、心機一転と思われている方はぜひ登録してみると、道が開けてくるはずです!

五月病は苦しいですが、お互い早く治るよう頑張りましょうね!

年収600万円以上の方に最も支持される転職サイト/ビズリーチ

関連記事
1.公務員つらい、辞めたい!転職してわかったことを公開します。
2.お金がない!そんなときに、利用すると稼げる方法を紹介します。
3.地元で就職・転職のメリットとは?地元で働くことのススメ。