かっこいい上司とは?若手職員が憧れる理想の上司像を公開します!

かっこいい上司に憧れを抱く!
まだまだ若手職員の私から見て、この上司はかっこいいな!こんな風になりたいなと思う上司がいます。
一方で、こんな上司にはなりたくないという上司も数多くいます。

こんな風になりたくないなと思う上司の中でも、人当たりが良く、仕事ができる人もたくさんいます。
では、なぜそんな上司を憧れないのか、ただカリスマ性がないという言葉で今までは片づけていました。

しかし、よくよく考えるとある共通点が浮かび上がってきました。
逆に言うと、それができる上司は、少々欠点があってもすごく尊敬できることがわかってきました。

本稿では、憧れを抱かれる上司に見られる共通点をまとめてみました。

さっそく、若手職員から見て、かっこいいと思う上司像を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


1.部下を全力で守ってくれる上司

仕事をしていると、ときに予期できない指摘や叱責があることがあります。

例えば、上司の指示で仕事を行い会議資料を作成したとします。
しっかりと完成させ、上司と打ち合わせをした後、さらに課長と打ち合わせをします。
しかし、課長から、どうしてこんな資料を提示したんだと叱責を受けた場合、あなたの上司は助け舟を出してくれるでしょうか?

ここで、課長と一緒に「どうしてこんな資料を出したんだ」と言ってしまう上司は最低です。
どれだけ仕事ができても、人当たりが良くても、これだけで台無しです。
残念ながら、私の会社にもそんな人がいますし、実際によくこういったことはあります。

逆に、「私が確認して、承認しました。すぐに修正します。」と全力で守ってくれる上司にはついていきたくなります。

2.言っていることが一貫している上司

部下を全力で守ってくれる上司にも通じるところがありますが、自分が指示した内容が間違っていた場合、言ったことをすり替える上司がいます。
上司が一度指示した内容は、一貫していてほしいと部下は思っています。
当たり前ですが、これができていない人が本当に多いのです。

逆に、ミスを認めてくれる人ならすごく信用できる上司になるのだと思います。

スポンサーリンク


3.服装や容姿に気を遣う上司

どんなにいい人でも、どんなに仕事ができても、ボロボロの靴にダボダボのスーツ、寝癖が付いた髪の毛で出勤している上司を尊敬できるでしょうか?

高級なスーツや時計をしていなくても良いのです。
最低限でいいので手入れの行き届いた靴を履き、適正サイズのスーツを着用し、髪の毛もちゃんとセットしている清潔感のある人であったら問題ないのかなと思います。

4.部下を信用してくれる上司

部下は、信用してくれる上司のためにも、結果を残したいと思うものです。

逆に、部下を信用していないと思わせる言動や態度があると、部下のモチベーションを下げることに繋がってしまいます。

例えば、人事異動や退職などで、人員が入れ替わった際、残された部下に「〇〇さんがいなくて、大丈夫か?」と何度も連発することは止めましょう。
部下からも不愉快に思われますし、上司のカリスマ性をも下げてしまうのです。

5.人によって態度を変えない上司

立場の上の人には、ペコペコし、部下には高圧的になることがあるかと思います。
そして、性別によっても態度が変わることもあるかもしれません。
しかし、これらの行動は、部下から見ると不可解にしか思えません。

どんな人に対しても、敬意を払い、平等に接することができる上司に部下は好感を抱くのです。

スポンサーリンク


6.最後に

かっこいいと思う、理想の上司像について紹介させていただきました。

上記の全て満たすのがベストですが、一つでも多くを満たすことができたら、部下からかっこいいと思われ、尊敬を抱かれる対象となるでしょう。

部下から慕われ、憧れの対象になるのは、それほど難しいことではありません。
心掛け一つで、かっこいい理想の上司になれるのです。