青色ラテが有名なバンコクのオススメカフェ!ブルーホエールカフェ

こんにちは、世界を旅する会社員ブロガーのはるです。
昨日までバンコクに旅行に行っていました。

バンコクというとスクンビット通りの渋滞や雨季のスコールなどが思い浮かんでしまうのですが、実際に行ってみると、幸いにも雨は降らなかったですし、食べ物は美味しいですし、物価も日本よりかなり安かったです。
それに、オシャレなカフェだってあります。

いろいろな国を旅してみて、海外旅行ビギナーの人にもオススメなのがタイと台湾です。
どちらの国も治安はいいですし、食べ物も合うと思います。
さっそく、今回見つけたオシャレで、珍しいカフェを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



1.Blue whale cafe

Blue whale cafe(ブルーホエールカフェ)は、ワットポー近くにあり、ワットポーから徒歩5分ほどの場所にあります。ワットポーの金色の仏像のある建物に近い出口から出ると、5分ほどです。
ちょうど、ワットアルンに渡る船着き場の近くと行った方が分かりやすいかもしれません。

ワットポーやワットアルン観光に疲れたときに、ふらっと立ち寄りたいカフェです。

さて、Blue whale cafeの営業時間は10時からですが、10時になっても店が開かず、私が行った日の開店時間は10時10分でした。ちょっとのんびりでしたが、一番乗りでしたし、3階の靴を脱いでくつろげる席で、快適な時間を過ごすことができました。

店内はかわいくて、とても居心地が良いので、ついつい長居してしまいます。

Blue whale cafeといえば、この青色のラテが人気です。
youtubeで乃木坂も紹介していますので、見てみてください。
青色ラテの料金ですが、冷たいドリンクは120バーツ(約420円)、ホットですと90バーツ(約315円)です。
個人的には、店内は涼しいので、ラテアートが描かれているホットの方がオススメです。

青色ラテの味は、サツマイモのような味で美味しいと思います。

最初は、青色のラテって人工的な色だと思っていましたが、実はバタフライピーという植物の色でした。
たまたま、バンコクの花文化博物館というところで実物を発見することができました。

スポンサーリンク



2.最後に

Blue whale cafeの前にも斜め前にもかわいいカフェがあったりします。
ワットポー、ワットアルン、ワットプラケオなどのエリアを一日で周るのは、ちょっと体力的に消耗します。
そんなときはぜひ、Blue whale cafeで疲れを癒してくださいね。

スポンサーリンク



Follow me!