公務員はうつ病で休職する人が多い?うつ病になったら行うこと。

公務員の方は、うつ病になることが多いように思います。
私ももともと公務員をしており、その職場では、一定数の人数がうつ病で休職をしていました。
私も公務員時代にうつ病を患ったことがあります。

幸い、今の仕事を見つけることができ、休職はしていませんが、うつ病を患うのは、とてもつらいことです。
何もやる気がでませんし、細かいことに気を遣えなくなります。

では、うつ病になってしまったら、どうしたらよいのでしょうか?
うつ病を経験してみて、わかった対処法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク



1.布団から出れないなど、うつ病の症状が出たとき。

うつ病は、気持ちがふさぎ込んだり、布団から出れなくなったり、体調が悪くなったりと、不調が生じます。
そんなとき、まずは心療内科で診察してもらいましょう。

心療内科に行くのを躊躇う人もいると思いますが、カウンセリングを受けて、適切な薬を処方しれもらえば、楽になりますし、職場に復帰することも可能です。
うつ病の症状が発症しているのに、無理をして仕事を続ける方が身体には非常によくないのです。

2.公務員はなぜうつ病が多いのか?

公務員の方は、なぜうつ病の人が多いのでしょうか?
やはり、性格的に優しい人が多いというのもあるのかもしれませんが、やはり住民から直接クレームを入れられて、精神的に追い込まれるケースが多いように思います。

気にせず、聞き流せばよいのですが、真面目な方ほどなかなかできないものです。
私が公務員時代にうつ病を患ったのも、住民からの過激なクレームが原因でした。
クレーム処理は心を痛めてしまうものです。

では、公務員の方がうつ病になる原因としてどんなことが考えられるでしょうか?

やはり、人間関係が問題だと思います。
どの職場でも人間関係の悩みは、一番発生しやすい悩みです。
特に公務員の場合、目標があって仕事を進めていくわけではないので、仲間意識は民間企業に比べると希薄なのかもしれません。
同僚を過剰に責めてしまう人もいますし、暇なので個人攻撃をする人もいます。
民間企業と比べると、やはり特殊な職場と言わざるを得ません。

スポンサーリンク



3.うつ病になったときの支援は?

うつ病が発症したら、無理をして出勤をするのはオススメできません。
責任感が強い人ほど、出勤をしようと頑張りますが、無理に出勤をすると、より症状を悪化させてしまいます。迷わず、休養をとりましょう。

心療内科に定期的に通うようになると、自立支援制度を勧められることがあります。
自治体に申請をすると、通院費の負担が減ったり、全額免除される制度です。
この制度があるからこそ、長期に渡る通院にも経済的に耐えることができるのです。

しかし、公務員の方で自分の勤めている自治体に申請するのが恥ずかしいと思われる方もいるかと思います。
私ももちろんそのように思っていましたが、結果として申請したことによって、治療費が掛からなくなったのは本当によかったと思っています。
もし、迷っている方がいたら、周りの目は気にしないで、申請しても良いです。

4.職場復帰が難しい場合は?

うつ病の症状がひどく、職場復帰が難しい場合は、休職をするのも選択肢の一つです。
休職したら、職場に復帰しにくいと思われる方は、転職を検討してもよいのです。
私も公務員から民間企業に転職したので、転職って案外できるものですよ。

休職中は、給料の何割かは支給されるように思います。
休職については、転職活動中に申告する必要もないので、有給休暇を取得して転職活動をしていると主張してしまえば問題ないと思います。

個人的に、転職についてのカウンセリングを実施してくれる転職サイトから転職をすることがおすすめです。
転職するために、いろいろ話を聞いてもらって、動き出す方がミスマッチを防ぐことが可能だからです。
私は、転職する際にDODAという転職サイトを利用しました。
以下にリンクを貼りますので、登録し、転職についてのカウンセリングに行ってみることをおすすめします。

転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集

休職をして、気分をリフレッシュして、いろいろなところに旅行に行ったり、たくさんの本を読んだりして、世界を広げたらきっと有意義な時間になりますよ。

うつ病を患って、職場復帰が難しいときは、上司に相談して、躊躇なく休職するようにしましょうね。

関連記事
1.公務員つらい、辞めたい!公務員を辞めてわかったことを公開します。
2.公務員の仕事は、楽で暇?
3.月曜日が憂鬱、つらい。ブルーマンデーを軽くする方法を紹介します!

4.後悔しない人生を送りたい!実践するためにはどうしたらよいか?

Follow me!