30代の転職を成功させる方法は?秘訣を公開します。

30代の転職は、20代と比べると求人数が少ないので、不利と言われます。
しかし、実際に30代で転職を成功させている人も多数いることも事実です。
30代の転職は、転職フェアに行って、企業のブースに立ち寄るのもよいのですが、もっと戦略的に動くことが成功への鍵になります。

20代ですと、まだまだ伸びしろがあると思われますが、30代になると、即戦力としての働きを求められますし、部下をマネジメントする能力も必要とされます。

しかし、何か特別な経験が必要なわけではなく、今の職場で行っている業務や同僚との関係をアピールしていけば問題ないと思います。
今の職場で全然仕事ができてないと思っている人もいると思いますが、安心してください。
職場が変われば、皆さんの発揮できる力も変わっていきます。

スポンサーリンク



1.30代の転職はどのように動く?

30代の転職を成功させるためには、どのように動いたらよいのでしょうか?
まずは、転職サイトに登録することが大切です。
転職サイトに登録し、リクルーターの方と面談することで、皆さんの就きたい仕事や今後の方向性について相談することができます。

そして、リクルーターがいくつか求人を提供してくれるので、条件が合えば応募という流れになります。
この求人数ですが、企業側が求めている条件というものがあります。例えば、営業経験3年以上やTOEIC700点以上などです。
この企業側のニーズと皆さんの希望がマッチしたところのみ受けることができます。

スポンサーリンク



2.30代の転職に求められること。

20代の転職では、経験不問という求人も多くありますので、営業経験がなくても、営業に飛び込むことは可能です。
しかし、30代の転職ではもう少し戦略的に動く必要があります。
経験不問の求人はもちろんありますが、20代の求人に比べて少ないのが現実です。
これまで総務や人事を担当してきた人は、その職種を募集している企業を受けることが内定への近道です。経理や企画でも同じです。
企業側も人事や経理のプロを求めていますので、求人数は数多くあります。
これまでの経験を活かした転職が成功する鍵になりますし、30代からステップアップも可能です。

私の友人でも、30代の転職で念願の大手企業に転職しています。
営業経験があると、求人数はより多いのですが、営業経験がないからと諦めず、どんどん挑戦することで道は開けてきます。

とりわけ、大手企業や優良企業への転職に強いのがDODAです。
私自身も、DODAのリクルーターの方とお話しを進め、結果としてそのときは転職を見送ったのですが、最も適切な転職の時期や転職先などの相談にのってもらえます。

転職に迷っているという段階でも、相談してみると、考えてもいなかったような道が見えてくることもあります。
業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

人生において、仕事のウェイトは非常に大きいと言えます。これを機に仕事について見なおしてみるのもよい機会だと思います。

関連記事
1.仕事つらい、嫌だ、行きたくないと思うあなたへ。対処法を公開します。
2.後悔しない生き方、人生を送りたい!実践するためにはどうするか?

Follow me!