地元で就職・転職のメリットとは?地元で働くことのススメ。

私は現在、生まれ育った町で会社員として働いています。
実家から職場まで近いので、毎日実家から通勤をしています。
地元に仕事がないという方ももちろんいるかと思いますが、私の住む地域は、政令指定都市ですので、比較的都会のため、求人も結構あったりします。
そのため、中学や高校の同級生は地元で仕事をしている者が多く、しっかりと定着しています。

しかし、大学・大学院時代の友人たちは、東京や大阪の大企業でバリバリと働いています。
地元に残ると決めたときは、正直この就職で本当によかったのか半信半疑でした。
大都市で働けば、お給料も良いですし、自由な生活があるかなと考えていたからです。大企業に勤めたら、異性にチヤホヤされるかな?なんて妄想もしていました。
社会人を始めて数年が経ちますが、ずっとモヤモヤした気持ちが続いていました。

でも、最近はそんなモヤモヤも晴れて、地元に残ることが正解だなと思うようになりました。
それは、あることを意識して、そのように思うようになったのです。
地元に帰りたいなと思う方、地元か都会かどちらに就職・転職するか迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



1.実家から通うメリットとは?

実家から通うメリットは、両親に家事をやってもらえる、お金を貯めやすいなど様々あると思います。
実際、生活は、一人暮らしよりもすごく楽ですし、メンタル的にも両親の存在は非常に大きいと言えます。
もちろん、親元を離れて、仕事をすることで得られるものも大きいと思いますし、それは貴重な財産になるはずです。

しかし、地元で就職し、転居を伴う転勤がない環境に身を置くと、将来設計が立てやすいのです。
生涯、この町で暮らすため、車も家も、お金さえ貯まれば、購入する決断ができます。全国転勤のある会社に勤めている友人たちは、定年まで全国を転々とすることになるので、一つの町に留まることができません。

将来設計が立てやすいということは地元で働く大きなメリットと言えるでしょう。

2.名誉よりお金より大切なものは?

全国転勤がある大企業で働けば、将来的にはかなりの年収になるはずです。
地元の企業に勤めている私では、どう足掻いても、生涯賃金では適いません。そこは、素直に羨ましいところです。
誰もが社名を聞いて、わかるような会社に勤めることはとても格好いいと思います。
私は、格好いいとは無縁ですので、格好いいとは誰も思わないでしょう(笑)

しかし、最近すごく実感することがあります。それは、人間は皆死んでしまうということです。
これまで、私が高齢者になる頃には、不死の薬ができるのではないかとも思っていましたし、両親がいる生活が当たり前でした。
でも、改めて考えてみると、両親もいつかは死んでしまうのです。
実家から通勤していると、当たり前のように両親や兄弟に会うことができます。親元を離れて暮らしたら、両親や兄弟にあと何回会えるかわかりません。

せっかくの人生なのに、会社の都合で全国転勤をすることになったら、それはすごく残念だなとも思います。
もちろん、私が大企業でバリバリ働いていたら両親も喜んでくれるはずですが、私が親の立場だったら、お腹を痛めて産んだ子どものことは心配です。
できるだけ、傍にいてほしいですし、できるだけ長く時間を共有したいと思います。

そんなことを考えていたら、地元に残って本当によかったと心から思うようになりました。
実家から通わずとも、せめて週末には実家に帰れるような距離にずっと居たいです。

しかし、都会の大企業でバリバリ働いて、両親を楽にしてあげるのも素晴らしい生き方です!
いろいろな価値観があると思いますが、モヤモヤとしている方の決断の一助になれば幸いです。

3.地元で働くためには、どうするとよいか?

地元で働くためには、公務員や地元の企業などの選択肢があります。
公務員になるためには、公務員試験を受験する必要がありますので、しっかりと対策する必要があります。
もちろん、年齢制限もあります。

地元の企業に転職したいという場合、転職支援のサービスとしてビズリーチがお薦めです。

年収600万円以上の方に最も支持される転職サイト/ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス向けの求人も多いのですが、仕事に対する熱意や思いを最優先してくれることが特徴です。
異業種からの転職希望にも寛容であるので、本当にお薦めしたいです。
皆さんの地元の企業の求人がどれほどあるかは、未知数ですが、転職支援が手厚いので、登録することのメリットは大きいです。

まずは、一歩踏み出してみましょう!

年収600万円以上の方に最も支持される転職サイト/ビズリーチ

関連記事
1.公務員になりたい!公務員になるための方法を伝授します。