仕事ができる人より、仕事がしやすい人になることが大事。

社会において、仕事ができるという点がクローズアップされることが多いです。
仕事ができるのはもちろん大切なことです。

しかし、仕事ができると評される人は、必ずしも「仕事のしやすい人・仕事を一緒にしていて心地よい人」ではないことが多々あります。

仕事ができるという評価は、人事評価においても容易ですが、仕事のしやすい人を評価する指標が少ないため、仕事のしやすい人は評価されにくいのかもしれません。

それでも、私は、仕事がしやすい人になることを薦めます。
さっそく、その理由を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.仕事がしやすい人はどんな人なのか?

仕事がしやすい人は、人によって定義が異なると思います。
一例として、私にとっての仕事のしやすい人・一緒に仕事をして心地よい人とは、物事や考え方に柔軟に対応でき、他人に対して常に敬意を払える人です。

これまで、仕事のできる人にはたくさん出会ってきました。
しかし、仕事はできるけれども、一緒に仕事をしたくないと思う人は本当に多いのです。

仕事ができるのは重要な要素ですが、できることに酔い、自分よりも劣っていると思う人に威圧的な態度になるのは考え物です。

そのような態度の方は、仕事ができるけれども、敵をつくるため、最終的には報われない運命を辿る事例も多いのです。

2.仕事がしやすい人になるには?

仕事がしやすい人になるには、まずは他人への敬意を常に持つことです
つい攻撃的になる方には、攻撃的な感情が生まれたときに、制御するためのおまじないが効果的です。

例えば、ミサンガやブレスレットをし、それを見るたびに落ち着くよう、自分に刷り込みをするのが良いでしょう。

仕事がしやすい人になると、実はメリットもたくさんあります。
まずは、人間関係が円滑になり、仕事がよりスムーズに進みます。

今までは、依頼に対して、なかなか動いてくれなかった人も皆さんのために、一生懸命に頑張ってくれるはずです。

そして、メリットとして、他人を許容できる範囲が広がります。
唯我独尊のごとく振る舞っていたときは、見えなかった景色や考え方が見えてきます。
これから、さらに人の上に立って仕事をする際、多様な見方を身につけることは、すごく重要な要素になります。

スポンサーリンク


3.仕事がしやすい人のさらに上へ

仕事がしやすい人は、仕事ができる人の要素が加われば、鬼に金棒です。

もちろん、その逆も然りです。

しかし、仕事がしやすい人には、さらに上を目指すことができる下地があると思っています。

それは、ビジョンを持って仕事をし、そしてビジョンを多くの人と共有することで達成することができます。
仕事ができるというのは、単に事務処理が早かったり、豪腕だったりする訳です。

ビジョンを持って、さらに共有するというのは、仕事のしやすい人だからこそできることです。
業務においての目標を設定し、人を能動的に動かすことができれば、仕事ができる人より仕事ができるようになります。

4.最後に

私自身、仕事ができると評される人に対し、あまり魅力を感じない人が多いように思っていました。

最終的に次のような結論に至りました。

・本当に魅力ある人は、単に仕事ができるの一言では片付けられないほどの能力や人格があり、もっと別次元の評価をされている。

仕事ができる人と評されるより、まずは仕事がしやすい人になることこそが大切なのです!

スポンサーリンク