【年収1000万円を目指せる】後悔しない転職方法とは?

年収1000万円を超える給料をもらい、高級車や高級住宅を持ちたい!
そのような野心や憧れを持って、就活や転職活動をされる方は一定数いらっしゃると思います。

一方で、給料よりも職場の人間関係や定時に帰れるなど、職場環境を優先される方も多いかと思います。

就活や転職活動をする際、私たちは、ついつい自分の思い描いた全ての希望を叶えてくれる会社を選ぼうとしてしまいます。
実は、ここに落とし穴があると私は考えています。
それは、皆さんの全ての希望を満たす企業は存在しないからです。
給料が良ければ、それに見合った働きを求められます。

しかし、できるだけ多くの希望や、皆さんの最優先したいことを満たしてくれる会社を選ぶことはとても大切なことです。

それではさっそく、後悔しない転職の方法を公開したいと思います。

1.仕事において、最優先したいことを正確に捉える。

年収1000万円を達成することも、職場環境を優先することも両者とも、とても大切なことです。
しかし、毎日定時退社でき、年収1000万円を達成することはとても難しいことだと思います。
そのような生活を送れるようになるまでには、相当な時間を掛け、管理職になる必要があります。

そこで、皆さんが最優先したいのは、働きやすさなのか給料なのか、それとも業界にこだわるのか、しっかりと整理する必要があります。

例えば、
地方公務員として働きながら、年収1000万円を目指すというのは、市長クラスにならないとまず無理でしょう。
そして、外資系企業の営業職の方が、毎日定時退社することはおそらくありえないでしょう。

このように、最優先したいことが複数あったり、対極のことですと、チグハグな結果になってしまいます。
まずは、自分自身が仕事に何を求めているのか、じっくりと考え、正確に捉えることが大切です。

2.日本で普通に働く限り、それほど稼げない?

日本では、大手企業でも中小企業でも大きな収入差はないように思います。
ボーナスで差が付くこともありますが、初任給の差は極僅かなのです。
そして、順調に昇給したとしても、年収ベースで2倍も差がでることは少ないのではないでしょうか。

一方、欧州・米国・豪州などでは、この20年ほどで、年収が大幅に上昇している傾向にあるようです。
中国やインドの優秀なエンジニアは、初任給が100万円を超えることもあるのです。
日本のエリート層でも、国内で普通に就活をする限り、ほとんどが月収20万円からのスタートです。

そして、日本人が今よりも多く、世間一般よりも大きく稼ぎたいと思ったら、戦略的に動く必要があります。

3.日本人が戦略的に稼ぐために使えるツール。

日本人が収入の大幅アップを目指したいとき、海外に活路を見出すことはとても良い方策です。
しかし、現実的に日本で仕事をしたい場合、どのような方法をとればよいのでしょうか?
また、海外勤務をする場合でも、情報が少なければ、動くことができません。

収入を大幅に上げたい、海外に活路を見出したいときには、ビズリーチという転職支援サービスが非常に役に立ちます。
ビズリーチは、給料や役職をアップすることができるハイクラス求人が充実しており、海外勤務向けの求人も豊富なのが、他の転職支援にはない魅力です。

他の転職支援サービスを利用されたことがある方の中には、予想以上に求人が少なかったり、求人とマッチしなかったりといった経験をされている方も多いはずです。

ビズリーチのもう一つの利点として、皆さんの熱意や意欲を汲んでくれるところです。
転職は、次の仕事に対する熱意や意欲が一番重要なのですが、多くの転職支援サービスでは、経験や経歴が重視されがちです。
皆さんの意欲を示しておくことで、道は開けてくるのです。

4.最後に

後悔しない転職の方法として、皆さんが最優先したいことを正確に捉えることが大切だと紹介しました。
優先順位をつけた結果をもとに、転職先を見つけるとよいでしょう。

そしてビズリーチは、後悔しないための転職支援ツールとしても、とても有効です。
登録してみると、きっと皆さんの役に立つツールになるはずです。

ビズリーチはこちらから