【明日が変わる】ストレスが減る!信用できない同僚への対処法。

会社で働いていると、「イマイチ信用できない」、「隙あらば陥れようとする」、「同僚の仕事を認めることができない」、そんな方をしばしば目にします。

上司には、ペコペコとうまく立ち回っている方もいますが、「信用できない」と思われる言動や行動があるため、それほど評価されていない場合が多いように感じます。
基本的には、他人を認めることができないので、精神的に幼稚とも言えるでしょう。

そして、信用できない人が発するイラッとした言動や行動に対し、無防備の状態で、結果としてストレスを溜めてしまう経験をされている方も多いのではないでしょうか?
なぜ私がこんなことを言われる必要があるのだろう?と思い、その人に対する信用がなくなってしまうこともあります。

本稿では、会社や学校でストレスを抱えている方に、ストレスを解消するためにはどうしたら良いかという観点で、対処法を公開していきます。

1.信用できない人の特徴は、言動・行動に現れる

信用できない人の特徴は、リラックスしたときの言動や行動にこそ現れるのだと思います。
仕事だけでなく、仕事と関係ないところでも他人に揚げ足をとられていては、生きた心地がしませんよね。

しかし、他人のプライベートにも首を突っ込み、お節介な噂を流すなんてこともあるのです。では、私たちは、どのように対処したら良いのでしょうか?

1.信用できない人への最善の策は?

なるべく、信用できない同僚とは、関わらない!
これが最も簡単で、効果的な策です。

付き合いの中でどうしても飲み会に参加する必要が生じたときは、なるべくプライベートなことや自分の意見は述べないようにしましょう。
プロ野球やサッカー、芸能情報など、巷に溢れている情報でしのぎ、足早に飲み会を後にするのが得策なのです。

2.信用できない人に、嫌なことをされたときの対処法

この人は、信用できないと思っていても、実際にいざ嫌なことをされると、フリーズしてしまう。
そして、後からじわじわと腹がたつ。そんな悔しい経験をされている方も多いのではないでしょうか?

他人に嫌なことをされても、我慢することも時には必要なのかもしれません。
しかし、看過できないときは、相手に不快な気持ちを理解してもらうために、不快であることを伝えることは大切なことです。

嫌なことをされて、思考停止になり、固まってしまっていては、問題は解決しないのです。

そのために、会話の瞬発力を身に付けることが必要だと私は考えています。
見過ごすことのできないほどの嫌なことを言われたら、このように返すという応答集を頭の中に入れておくと、その場面に遭遇したときに役に立ちます。

3.会社の人が信用できない人ばかり。そんなときは?

会社の同僚が信用できない人ばかりで嫌になることもあるかもしれません。
これは、会社の雰囲気と皆さんが合わないから起こることなのだと思います。

そのため、環境を変えることで、人間関係をリセットすることは効果的な方策と言えるでしょう。
新しい職場で新しいメンバーで仕事をしてみることは、自分自身の可能性を開く、良いきっかけになります。

4.転職を考えたとき、第一にすること

転職で人間関係をリセットしたい、転職を考えているけど迷っている。
そんなときに、私の経験では、転職サイトのビズリーチに登録することがとても効果的でした。

なにより、転職という選択肢があることが、気持ちを楽にしてくれます。
転職に迷っている段階でも、ビズリーチに登録することは、とても効果があるのです。

問.一般的な転職サイトとビズリーチは何が違うのか?

それは、一般的な転職サイトは、経験や経歴を重視しますが、ビズリーチはこれから変わりたい・変わっていきたいという希望を重視しています。
いざ転職しようと思って、転職サイトに登録したけれども、良い求人が見つからなかったという経験をし、そのたびに落胆していました。
しかし、ビズリーチは、変わりたいという希望を評価してくれ、適切な求人を紹介してくれる点がすごく良いのです。

いろいろな転職サイトがありますが、まずはビズリーチに登録し、豊富な求人を検討することをしてみると良いでしょう!

ビズリーチはこちらから