【人生が変わる】フリーター・ニート・無職から結婚する方法とは?

フリーター・ニート・無職だけど結婚したい!
既に恋人がいる方にとっては切実な問題だと思いますし、恋人をこれから見つける方にとっても結婚を意識する瞬間があるはずです。

私が学生時代に知り合った留学生は、学生という身分ながらも、結婚している方もたくさんいました。
文化の違いや母国の両親の理解など、日本人とは背景が違っています。
そして、アルバイトの収入とまとまった金額が貰える給付型奨学金があるので、彼らは生活ができるのです。

私たち日本人にとって、やはり経済的に自立していない状態での結婚は、両親の理解も得られにくいはずです。

では、フリーター・ニート・無職の状態の方にとって、結婚は難しいことでしょうか?

私は、決して難しいこととは思いません。
これから、皆さんにとってどうすることが結婚への近道なのか公開していきます。

1.今の日本人の価値観とは?

現代を生きる日本人の価値観では、定職に就かず、経済的に余裕のない状態での結婚は、多くの方が望まないと思います。

時代が変われば、価値観も変わるのですが、この傾向は今後も続くはずです。
そのため、定職に就いていない状態での結婚は、自分やお相手の両親からの理解は得られにくいように思います。

結婚は、お相手の家族とも家族になるわけなので、できるだけ円満な形で結婚をするのが今後のことを考えるとよいでしょう。

問1.でも、自分たちの結婚だから、両親の理解はいらないのではないのでしょうか?

そのように考える方も一定数いらっしゃることは理解できます。
でも、これから生活をしていく手段がなければ、生きていくことはできません。
定職に就くことで、仕事に時間を費やすことになりますが、経済的に本当に自由になれるのです。

2.フリーター・ニート・無職の方が経済的に自立するとは?

実は、定職に就いていないということは、今の日本で生きていく上ではとても不利です。

銀行のローンは組めないですし、クレジットカードだって作れません。
マイホームの夢があっても、これでは叶いませんよね。
結婚してパートナーに養ってもらうと思っている方も、経済的に自立していない点はお相手にマイナスの印象を与えかねません。

そして、日本は新卒一括採用が主流であり、既卒や無職の方がリスタートを切るには環境が整っていないのが現状です。
そのため、一度フリーターやニート・無職を経験された方は、適切な就職活動をことで、希望の職への内定に大きく近づくのです。

もし、これからお相手を見つけたいと思っている方も、経済的に自立していることは大きなアピール材料になります。
無職やフリーターのときは、知り合えなかった人とも知り合うことができますし、結婚の可能性を広げることができます。

3.フリーター・ニート・無職の方にとって、最適な就職活動とは?

新卒一括採用の影響で、既卒や無職の方にとって、待遇の良い会社や多くの人が羨む優良企業への内定は簡単ではありません。

問2.でも、どうせなら待遇の良い会社に入りたいですよね?

新卒で就職活動をしたことがある方はご存知かもしれませんが、就活サイトを利用しても、担当者から適切なアドバイスをもらうことはできません。
そして、多くの転職サイトは、これまでの経験や正社員としての職歴を重視した求人が多いため、フリーターやニートの方には有効な求人は多くはありません。

問3.では、どうすることが最適な転職活動の方法なのでしょうか?

皆さんの今後の希望や、やりたい仕事にマッチした求人を担当者が親身になって紹介してくれるサービスが最適です。

そのようなサービスを提供しており、私が本当にお薦めできるのが、就職Shopです。

就職Shopは、リクルートが運営しているため、就職に関するノウハウが豊富であることも強みです。

そして、まだあまり知られていないサービスだからこそ、優良な求人が多くの人の目に触れていない可能性も高いのです。

4.でも、就職する勇気がないときはどうしたらよいか?

就職はしたいけど、内定をもらえる自信がない。続けられるか不安。
そのような状況の方も多いと思いますし、私自身も理解できます。

そんな方にも、就職Shopに登録し、話を聞いてみるだけでもモチベーションを上げていくことができます。

就職Shopが使えるツールであることを実感すること、本当に強みになります。

結婚し、幸せに暮らすことための第一歩として、経済的に自立する。
少しずつ、取り組んでみることで道は開けてきます!

就職Shopはこちらから