公務員を辞めて3年。後悔していないか自分自身に問いかけてみた。

公務員を辞めて、早くも3年が経過しました。
新しい職場にも慣れ、今では自分が公務員だったときのことを振り返ることもほとんどありません。

今は、比較的自由な職場環境の会社に勤めており、公務員時代のような抑圧された雰囲気はなく、とても居心地が良いと思っています。

でも、現在の職場ではたびたび、公務員を辞めるなんてもったいない!と言われることがあります。
自分自身は、つらく、悲しい公務員時代を過ごしてきたのですが、改めていろいろな人に言われるので、自分の本当の気持ちを整理しようと思います。

公務員を辞めて3年、辞めて後悔していないかをこれから公開していきます。

1.公務員に戻りたくなり、後悔することはある?

公務員時代が懐かしいなぁと思うことはありますが、実際に戻りたいと思うことはありません。

なにより、私が公務員を辞めたきっかけは、職場の居心地の悪さです。
ちょっとでも人と違う行動をとると、すぐに庁内で悪評が広まるのこともとても不快でした。

あのまま公務員を続けていても、無理をしながら働いていたと思いますし、転職できる年齢のうちに、転職して正解だったと思います。

今は、公務員時代と比べても、メンタルが強くなったと思いますが、職場の人間関係が良いため、続けることができています。
そのため、公務員を辞めたことを全く後悔していません。

私の知り合いにも、県庁を辞めて、民間企業に勤めている方がいますが、全く後悔していないと言っています。
辞めてしまうと案外と思い出しもしないですし、今では辞めて後悔したらどうしようと悩んでいた時期が懐かしくも思えます。

2.公務員から転職できるか?

公務員の方は、公務員以外のキャリアを築けないと思い込んでいる方がいます。
よく、キャリアとしてみなされないから、転職は難しいと聞きました。
実際、本当にそうなのでしょうか?

私は、公務員からの転職は、早めに動けば十分に可能であると考えています。
私が転職したのが20代半ばですが、若い方ほど転職しやすいのかなと思います。

しかし、公務員としてのキャリアを十分に積んでいる方も転職のチャンスはあるはずです。

そして、転職する際のポイントは、すぐに動き出すこと。
本当にこれだけです。

しかし、何から始めていいかわからないと思っている方もいるかと思います。

そこで私が薦めるのは、ビズリーチに登録し、転職の情報を集めることです。

ビズリーチは、皆さんの希望や変わりたいという気持ちを大切にしますし、皆さんのペースに合った転職活動ができます。

そして、大手企業の案件も多いのが特徴なので、待遇面を今よりも上げたい方にもお薦めできます。

転職活動を迷っている段階でも、事前に登録をすることで自分の市場価値が把握できますし、いざ動き出そうと思ったときに、すぐに動き出せます。
転職活動は情報戦なので、迷っている段階でも、ビズリーチに登録するメリットは大きいのです。

3.最後に

公務員を辞めたいと思っていた日々を振り返ってきました。
やはり、辞めた後悔は全くありません。

最後に、公務員を辞めたいと思っている方や悩んでいる方は、すくに、ビズリーチに登録してみること。
そして、自分のペースで転職活動をすることをお薦めします。

ビズリーチはこちらから