転職成功者が教える!仕事・職場が合わない、つらいときに考えること。

新卒で就職したけれども、職場の雰囲気が嫌い、馴染めないという声をしばしば耳にします。
実を言うと、私自身も新卒で入った職場をわずか3ヶ月で退職し、転職をしました。

よく、両親からはまずは3年勤めてみなさいと言われていましたが、やはり職場の雰囲気と自分の気持ちとのミスマッチが起こるとつらいものです。

毎日、出勤するのも憂鬱に感じ、仕事に対するモチベーションは上がりませんでした。
このまま、ずるずると続ける選択もできたのですが、この職場にいたくない!という思いが強かったため、転職を決意しました。

本稿では、職歴が短いながらも、転職に成功した筆者からのアドバイスを公開したいと思います。
仕事がつらいと思われる方の力に、少しでもなれたら幸いです。

 

1.転職は早めに動いた方がよい?

今の職場が合わず、苦しい思いをしているなら、まずは転職に向けて動き出すとよいと思います。

なぜなら、早めに動き出すことで、転職に関する情報を自分の中にストックできますし、必要なときにその情報を即座に使うことができるからです。

もう一点目をあげると、転職に向けて動き始めてみると、自分の今の状況を客観的、俯瞰的に見ることができます。
本当に転職するのが得策なのか、今の会社でキャリアを積んでいくのが得策なのかを比較することが可能になるのです。

まずは、転職に関する情報を集めてみる。
その上で、自分の身の振り方を考えてみる。
このダブルステップがとても重要です。

2.転職に動き始めることで得られる、思いがけない効果。

私の場合、転職に動き出すことで、思いがけない効果がありました。

転職に動き出す前の私は、毎日仕事に行くのが、つらい、嫌だと思いながら通勤していました。
しかし、転職活動を始めたことで、変われるチャンスがあると実感することができるようになり、気持ちに余裕が生まれました。

結果として、仕事に対して前向きに気持ちで取り組むことができ、仕事がうまくいくと、転職活動でもポジティブな評価をいただけるようになったのです。

そして、縁あって、内定をいただいた会社に転職することができました。

3.転職してよかったか?

私は、職場の雰囲気が合わないという理由から転職活動を始めました。
特にやりたい仕事があったわけではなく、働きやすい環境に移りたいという希望から、転職をしたいと思っていました。

私は、転職活動をする際、

・今の職場でどんなところが合わない、嫌なのか。
・どんな仕事なら自分が納得して働けるのか。

この2点をリクルーターの方に話し、私の希望や思いに合った求人を紹介していただいていました。

自分の希望を理解してもらい、必要なときに適切な助言を貰える環境を整えることはとても重要になります。

転職活動を始めるときは、この点を意識するようにしてください。

4.転職活動をする際に、役立つツール。

転職に向けて、迷っている段階でも動き出してみることのメリットを公開していきましたが、何から始めて良いのか分からない方も多いと思います。

そして、私自身が利用し、とても満足できた転職方法を公開します。
それは、リクルートが運営する、就職Shopに登録し、リクルーターの方に適切な助言を貰い、相談できる体制を整えることです。

就職Shopは、第二新卒や既卒の方がメインターゲットですが、リクルーターから手厚い支援を受けられる体制作りのためにも登録しておいて損はないでしょう。

最後に、私は転職をし、間違いなく人生が好転しました。
動き出すことで得られるメリットは大きいので、皆さんには今すぐにでも動き出すことをお薦めします。

就職Shopはこちらから