教師・教員だけど、つらい、辞めたい、転職したい!明日を変える話。

教師になったけど、毎日の仕事がつらく、辞めたいと思われる気持ちをすごく理解できます。
私自身も教師を志していたため、教員養成系の教育学部を卒業しています。
そのため、同級生のほとんどは、現職で教師を続けています。

年に数回、同級生と顔を合わせますが、仕事がつらいという話を耳にしますし、電話で話すときも辞めたいと聞きます。
やはり、教師は、児童・生徒を最優先しなければならない一方で、保護者や同僚とも良好な関係を築く必要があるので、とても難しい仕事です。

そのため、現職の先生方の力量は本当にすごいと感じます。

もし、現職の先生方が、民間企業に就職していたら、今よりも多くの給与を手にしていると思いますし、きっと大手の企業でも力を十分に発揮できると思います。

私の友人の中にも、教師を辞めて、民間大手企業に転職した者もおり、私の今の職場でも、元教師という方もいるので、教師からの転職は一般的になりつつあるようです。

そして、先日、久しぶりに同窓会があったため、現職の教師や教員から転職した友人からお話しを聞いてきました。

実は、本サイト管理人も教育現場に近いところで働いているので、それを交えながら、つらい・辞めたいというお気持ちを少しでも忘れられるような記事を公開したいと思います。

1.教師になったけど、つらい・辞めたいとき。

教師になったけれども、児童・生徒をまとめることに難しさを感じ、保護者からすぐにクレームが来るという状況はとても苦しいと思います。
しかし、一度担任を受け持ってしまうと、責任感の強い方は、夜遅くまで、問題に対処する方策を見つけようと努力してしまう方が多いと思います。

教師のつらいところは、新人や若手教師であっても、授業のほとんどは自分一人で完成させなければならないですし、学級運営も主任などの力を借りながらも、一人で行う必要があります。
逆に言えば、総合力が身に付くことは間違いないのですが、一生懸命になりすぎ、ストレスをため込んでしまうことはとても危険です。

なんとか頑張れているうちはよいのですが、ある日突然布団から出られなくなるときがくるのです。

特に、長時間労働や週末も学校へ行って仕事をするという状況は、あまり望ましいものではありません。
責任感やスケジュール通りに運営しなければならないというプレッシャーはあると思いますが、適度に力を抜くこと、休むことも必要なのです。

2.教師を続けるために、知っておくこと。

教師を続けるための原動力になるのは、やはり子どもたちの成長ではないでしょうか。
やはり、児童・生徒の成績が上がった、試験に合格した、スポーツで結果を出した場面に立ち会えることは、教師冥利に尽きるはずです。

それがあるからこそ、頑張れる先生方が多いのも事実ですし、できるだけそのような機会に立ち会うことが教師として働くためのメンタルを安定させることに役立つと思います。

そして、子どもは好きだけど、うまくクラス運営ができず、保護者や同僚との関係までうまくいかなくなる状況は本当につらいと思います。

そんなときに役立つおまじないを一つ公開します。
私自身、何百人の聴衆を前に、プレゼンテーションを行うときに用いるおまじないで、とても効果があるので、試していただきたいです。

それは、「私は、うまくクラスを運営できる」と自分自身に語り掛けてみることです。
不思議と自信が湧いてきますし、一度成功するとさらに自信が付くものです。

そうすると、次第に保護者との関係もうまくいきますので、ぜひ試してみてください。

3.教師として働くことに限界を感じ、転職を視野に入れたとき。

教師として働いているけれども、今の仕事がつらく、辞めたいと考えている方も多いと思います。
私の友人の中にも、教師を辞め、今は民間大手企業に勤めている人が数名おります。

彼らの特徴は、教師を続けられないと思ったら、早い段階で転職活動を始めたことです。
教師をしていると、なかなかお休みを取得できない事情はよくわかります。

しかし、早めに動き出して、情報収集を始めることは必須です。
実際に、転職の面接に行くのは、休日や長期休暇の日でも、それ以前に転職サイトに登録し、情報収集をすることが成功への近道です。

そこで、本サイトから、教師の皆さんにお薦めする転職方法は、ビズリーチを活用することです。

ビズリーチは、皆さんの熱意を大切にするサービスですので、教師という経歴に興味を持ってもらえる可能性が高く、成功への近道です。

そして、ビズリーチに登録すると、皆さんのもとに届くスカウト数や内容で、自分の市場価値を把握することができます。

市場価値が分かると、自ずと自分にとって、どうすることが正解なのかわかるはずです。

4.転職に動き出すと、精神的に安定する可能性がある。

私自身も経験があるのですが、自分自身の逃げ道として、転職というカードがあると精神的に安定します。

転職に気持ちを向けて、動き出すと、自分の本当の気持ちがわかります。
それが、教師を続けたいという気持ちならば、続けたらよいと思いますし、やはり転職したいと思うならば、違う道に進むのが良いと思います。

まずは、自分の気持ちの整理のためにも、ビズリーチに登録し、活用してみることから始めてましょう。

ビズリーチはこちらから