運送業がつらい、辞めたいとき。転職する方法と考え方。

運送業がつらい、辞めたいという気持ちをとても理解できます。
私自身は、運送業に従事していた経験はありませんが、運送業から転職したい方の相談を聞き、コンサルトしてきました。

やはり、運送業ならではのつらさがあり、転職のため離職する方もいます。

そして、私の友人も現在進行形で、運送業に携わっているため、業界のお話しを聞く機会も多いのです。

運送業がつらい、辞めたいとき、どのように対処するべきか、どんな考え方をすると良いかを公開します。

1.運送業のつらいところは、勤務時間の長さ。

運送業のつらい理由は、やはり長時間労働にあるようです。
トラックドライバーの方はもちろんですが、運行管理をしている方もトラックの到着が遅れた場合、帰る時間が大幅に遅れてしまうことがあります。

もちろん、会社によってはしっかりと人員を配置して、働きやすい環境を提供しているところもあります。

そして、勤務時間が長い割に、待遇に対し、満足していない方もいるようです。
私の友人の場合でも、毎日遅くまで仕事をしている割に、給料が良くないと言っています。

また、ギリギリの人数で現場を運営している会社だと、有給休暇を取得できないこともあります。

2.運送業に従事している方が転職するときの考え方。

運送業に従事している方で、お休みを取得することが難しい場合、計画的に転職活動をする必要があります。

例えば、転職先の会社の面接に行く際、できるだけ自分のお休みの日に面接日を設定していただくよう、申し伝えましょう。

そして、転職先を決める際、皆さんにとって、何を最優先したいのかを考えておくと良いです。
例えば、今よりも年間休日を増やしたい、給料を上げたい、地元に帰りたいなど、おぼろげながらでも頭の片隅に入れておきましょう。

3.仕事がつらい、辞めたいと思ったときに役立つツール。

仕事がつらく、辞めたいと思ったとき、そのまま我慢して続けるのはとてもつらいと思います。

私自身も、毎日仕事がつらく、辞めたいと思いながら、仕事を続けていました。
自分自身の気持ちを偽りながら続けていましたが、あと10年、20年続けることはできないと考え、転職を決意しました。

転職を目指す際、本サイトがお薦めするのが、リクルートが運営する、就職Shopを活用することです。

就職Shopでは、リクルーターの方が皆さんの希望に基づいて、最適な求人を紹介してくれます。

また、面接に進める可能性が高く、皆さんの採用に前向きな企業の求人を多く扱っているので、転職する際には必ず登録すると良いでしょう。

4.最後に

運送業は、我々の生活にはなくてはならない価値ある仕事であり、運送業で培ったスキルは他の業種に就いたとしても活かせるはずです。

そして、もし今の仕事がつらく、辞めたいと思われるならば、一度転職活動に動き始めることをお薦めします。

就職Shopに登録し、転職活動に舵を切ってみると、メンタルの面で余裕が生まれます。
余裕が生まれると、今の仕事がつらい、辞めたいという気持ちを改善できますので、試してみてください。

就職Shopは、無料ですので、ぜひ登録し、活用してみてください。

就職Shopはこちらから