元地方国立大生が明かす。地方国立大生が就職・就活を成功させる方法!

私は、東海地方の国立大学に通い、無事就職することができました。
私の通っていた大学は、地理的条件に恵まれないため、就活のために、東京や大阪へ行くのも一苦労で、金銭的にも辛いところがありました。

ただ、名古屋で説明会を開催してくれる企業も多かったのは唯一の救いですが、それでも幾度となく、東京や大阪にも足を運びました。

地方にあると言いながらも、地方国立大学はやはり国立大学であるため、入学するときの偏差値はそれなりに高い水準が求められます。
関東圏でいう、MARCHレベルと同等かそれ以上の偏差値は必要なのではないでしょうか?

国立大学は、すべての教科を満遍なく勉強をする必要があるので、総合力が問われます。

しかし、地方国立大学に入るための情報は結構存在しているのに、学生がどんなところに就職しているのかという情報はあまり表に出てこないかもしれません。

地理的な不利はありながらも、地方国立大学生が就活を成功させるにはどのような点を気を付けたらよいのでしょうか。

私自身の経験談をベースに、地方国立大学生が、就活で他大学の学生よりも一目置かれ、希望の就職先へ内定を貰う方法を公開したいと思います。

1.地方国立大学生の就職先はどんなところがあるのか?

地方国立大学の学生は、地元から通える国立大学を選んでいるパターンが多く、「地元に残りたい」という希望や安定志向が強い傾向にあるため、公務員や教員になる人が多いです。
地元の県庁や市役所、町役場の職員は、私の出身大学の卒業生ばかりです。

これは、地方の県であれば、どこも似たような傾向だと思いますし、その県の国立大学出身者の学閥のようなものも存在しています。

そして、国立大学に在籍している人は、高校時代に全教科を満遍なく勉強する必要があるため、公務員試験のような総合力を問われる試験には強いと思います。
たとえ、推薦やAO入試で入った人でも、半年程度勉強すれば、合格圏内に入るぐらいの実力が付くはずです。

一方で、民間企業に就職する人ももちろんいました。
そして、多くの人は、地元の中小企業に就職しています。
業種は様々ですが、私の周囲にはギャンブル好きな人が多く、パチンコ屋さんに就職する人が多かったです。

中には、CAさんになった人もいますし(もちろん美人です)、鉄道会社の技術者になった人もおり、個人の希望や力量次第では、皆が憧れる職種に就くことも可能です。
地方国立大学だから、就職に不利ということはありませんが、確実に戦略的に動かなければなりません。

今は、私が就職活動をしていた時期と比較すると景気が良いと言われており、希望が叶うチャンスでもあります。

2.選考で、関東・関西の優秀な学生に勝つためには?

早慶や関関同立などの有名大学の学生は、大手企業の面接を受けに行くと、必ずと言っていい程その場にいたように思います。

私自身は、非常に話すことが好きなので、そんな学生さんたちにも物怖じせず、話しかけていました。

やはり、都会で揉まれ、たくさんのことに挑戦してきたからか、人間的な強さやポジティブな思考を持った人が多いと私は感じ、当時は魅力的に映り、ついつい自分との比較をしてしまっていたのです。

私は、それらの学生と比較すると、サークル活動もしていないし、アルバイトも嫌々やり、授業も寝てばかりの不真面目人間であり、面接官から見ても、私は弱弱しく見えたかもしれません。

しかし実際のところ、国立大生には国立大生にしか経験できないことがあり、それは結構アピールになるのです。

例えば、よくある自己アピールに、「サークルでたくさんの部員を束ねてきた」、「バイトリーターをしていた」などのエピソードがありますが、変わり映えしないし、どうでも良いことなのです。

一方で、国立大学の場合、学生に対する教員の比率が高いのが良いところの一つです。
教員から、学問や実験、フィールドワークを手取り足取り教わったこと、それが自分をどう変えて、今後入社後どのように活かせるかをアピールするのは、差別化になるのではないでしょうか?

今までやってこなかったことを悔やんでも仕方ないですし、後悔なんて人生において全く役に立ちません。

今手元にあるカードで、いかに自分のことを伝えるか、どれだけを意識しましょう。

3.地方国立大生が就活に使うと良いツール。

国立大生の皆さんにとって、ただ闇雲に、なんとなく就活をすることはお薦めしません。
しっかりと、人生において何をやりたいのかを定め、それを実現するためにはどんな仕事に就いたら良いのか考えてみましょう。

しかし、皆さんのほとんどは、初めて就活をする方ばかりだと思います。
何事も初めてやることは、最初は戸惑うものです。

従来、就活というと、学生側から希望の企業へエントリーして、初めて面接の場が設けられるシステムでした。
一方で、昨今では、企業側から有望な学生にアプローチしたいという意欲も強いのです。

そこで、本サイトから皆さんにお薦めしたいのが、キミスカというサービスを活用することです。

キミスカは、特別選考のスカウトを企業側から有望な学生へ送ることが特徴であり、思わぬ優良企業からアプローチを受けることもあります。

さらに、皆さんが希望すれば、エントリーシートの添削や面接対策などの手厚いサービスも得られます。

繰り返しになってしまいますが、就活とは、まだまだ学生側から企業へアプローチするものと思われていますが、企業も国立大学生のような優秀な人材を逃したくないのです。

登録することで、可能性が拡がるツールなので、本サイトでは活用することを強くお薦めします。

→2分で完了!市場価値が分かる
キミスカの無料登録はこちらから