やりたくないことは、やらないという価値判断基準を持つこと。

生きていると、小さな決断から大きな決断まで、日々様々な決断を迫られます。
スーパーやコンビニでの買い物や電車の時間などは、毎日各々が無意識に決めていますが、入学、就職、結婚などの大きな決断も時にはしないといけないのです。

そんなとき、自分の気持ちとは裏腹に、「他人からどう思われるか」、「評価」、「打算」などの要因により決断がブレてしまうことはないでしょうか?

結果として、「こんなはずではなかった」、「本当はやりたくなかった」とモヤモヤした気持ちを抱えて生きていかなければならなくなるのです。

もちろん、リカバーが効くような決断ならば、その後の頑張りで取り戻すことができますが、できるだけ自分の気持ちをコントロールしておくことは大切なことです。

そのためには、「やりたくないことはやらない」という価値判断基準を持つことが重要だと思っています。

やりたくないことをやらないをブレずに持ち続けるにはどうしたら良いのか紹介していきます。


スポンサーリンク

1.仕事をする上で、他人の仕事まで手を付けない。

「やりたくなければやらない」は、仕事の上では少し問題なのかもしれません。
自分に与えられた仕事はしっかりと全うすることが大切だと思いますし、そうすることでスキルも身に付くのだと思います。

しかし、自分ばかりにどんどん仕事が押し付けられ、こんなに処理することができない状態なのに我慢し続けるのは得策なのでしょうか?

私は、無理をし過ぎて自分の体調を崩してまで、自分の職務範囲以上の仕事を請け負う必要はないと思います。
「若い頃は、苦労を買って出ろ」、「昔は泊まり込みで残業をしていた」など、精神論や武勇伝を語る上司もいますが、時代が変われば価値観も働き方も変わるのです。

そのため、変な考え方に惑わされず、自分がどう思うのかを大切にするのが正解と言えます。

実は、私自身も仕事が全くできないと言われる人の仕事を請け負っていました。
本当は気乗りしないのに、上司に頼まれたので、評価を気にして断れませんでした。

毎日の終電帰りと土日も同じように終電帰りを繰り返していたら、食欲もどんどんと減っていき、身体が痩せていくばかりか、メンタルも蝕まれ、自分自身の仕事でもミスをするようになりました。

どんなに頑張って同僚をカバーしたところで、結局自分の仕事でミスをしてしまえば、酷く叱責され、評価も下げられてしまうのです。
会社とは勝手なものです。

2.やりたくないことをやらないを徹底するには?

他人や上司から頼まれたら断れない。
確かに、断りにくい相手もいると思いますし、老若男女問わず、他人が断ると憤慨するタイプの愚か者もいます。

でも、やりたくないと思っているのにやらされるのは、自分の人生を生きているのではなく、他人に支配された人生を送っているのだと思います。

上記にも書いていますが、ミスをしたり、体調が悪くなっても、会社は何の責任も負いませんし、残業代もケチろうとするのです。
潔く断る勇気を持つことも、生きていく上では大切なことです。

例えば、飲み会に誘われたとして、「今日は行きたくないな」、「こいつとは行きたくないな」と思っても、上司の手前断れなかった経験はないでしょうか?

この場合、少しでも行きたくないという気持ちがあるなら断るという決断をした方が良いです。
どんな決断でも、少しでも迷いや嫌だなという気持ちがあるならば、その方向に進まないのが得策だと思っています。

この価値判断基準を持っておくだけでも、決断が迷いませんし、他人の意見に流されることはなくなります。

どんなに頭が良くても、学歴や職歴が立派でも、お金持ちでも、他人に流されてばかりの人には魅力なんてありません。
サクサク決断することは、カリスマ性を高めることにも繋がると言えるでしょう。

スポンサーリンク

3.迷いがなくなると、人生に余裕が出てくる。

サクサク決めることができると、他人からはカリスマに映るだけでなく、人生にゆとりが生まれます。

行きたくない飲み会、デート、旅行などに時間を費やすことがなくなるため、週末も自分の本当に好きなことに取り組むことができます。

それに、無駄なことにお金を使わなくなるので、金銭的にも余裕が生まれます。
その分を貯金して、家族旅行や恋人との夕食に充てたら良いですし、きっとあなたはもっともっと信頼を集めることになるでしょう。

私の場合は未婚ですので、行きたくない飲み会や食事の時間と費用を削って、夏休みに行くヨーロッパ旅行で豪遊したいです。
ヨーロッパは、貧乏旅行より潤沢な資金があった方が楽しい旅ができるのです。

「少しでも嫌だという気持ちがあるならやらない」
これを自分の決断に染み込ませるまで、何度も何度も本ページを読んでみてくださいね!

スポンサーリンク