高級時計を買うときの注意点。時間を掛けて、徹底的に調べること!

社会人として働いて、数年が経過すると高級腕時計を買う資金も貯まり、ブランド力のある時計が買えるようになります。

もちろん、学生の方であっても、アルバイトでお金を稼いで購入されたり、ご両親から就職祝いのプレゼントとして頂く機会もあるでしょう。

私自身はと言うと、腕時計が大好きで何本も保有しています。
そのため、本数が増えすぎて、今の年齢には若すぎると思った時計は、親戚に譲渡したり、メルカリなどで売ってしまいます。

腕時計好きは、やはりデパートの時計売り場や海外の免税店、国内外の時計雑誌を読み漁ります。
私もそうです。

私の場合、腕時計を好きになり、購入を検討していたとき、「次は何を買おう?」、「この時計も格好良い」など、次々に目移りしていました。

間違いなくそんな状態で一本の時計を選ぶのは避けた方が良いです。
それは、すぐにまた目移りしてしまうからです。

私が高級腕時計を買うときに注意していること、選び方をまとめましたので、一読し、十分に考えて購入してくださいね!


スポンサーリンク

1.腕時計なんて自己満足の世界。

腕時計は、自己満足の世界です。
高級腕時計が好きな人もいますし、スポーツタイプのラバーベルトの腕時計、1000円で買える腕時計しか着けない人もいます。

確かに、腕時計が好きな人に高級腕時計を着用しているところを見てもらえると、褒められたり、会話が弾んだりします。

同じような価値観を持った人と出会える良い機会と捉えると、こういった出会いも貴重なのかもしれません。

しかし、興味のない人からは全く気付いてもらえませんし、腕時計の値段を言ったら、「そんな高い時計を買うなんて、理解できない」と言われるでしょう。

多くの人に認知されたい、腕時計を褒めてもらいたいと思われているならば、知名度の高いブランドの腕時計を購入することをお薦めします。

ロレックスやオメガは、世界中で人気が高く、デザインも飽きの来ないものが多いです。

2.腕時計を買う前に、候補の腕時計を徹底的に調べる。

腕時計は、決して安い買い物ではありません。
高級腕時計と言われる時計は、平気で50万円から200万円以上します。

給料の何か月分も使って、「やっぱり違う時計にすれば良かった・・」と思う事態は避けたいですし、そうなってしまったらあなた自身も時計も不幸なのです。

どんなに高級な腕時計を持っていても、着用する機会がなければ道具として意味をなしません。

私は、高級腕時計を買う前に徹底的に調べ上げ、「本当にその腕時計は必要なのか」と自問自答します。

少しでも「やっぱりいらないかな」と迷ったり、お金が勿体無いと感じるならば、購入を見送るのがベストな選択です。

ロレックスのようなハイブランドの腕時計は、数年後の値上がりを期待して買う人もいるかと思いますが、他の多くのブランドは、未使用であっても購入時よりも売却時の方が安くなるように思います。

そして、時間が経てば、もっと良いモデルが出るかもしれませんし、人間の物に対する価値観は年齢と共に変わっていくのです。

私の20代の最初の頃は、ハミルトンのようなスタイリッシュな腕時計がすごく魅力的に思っていましたが、年齢を重ねて30代を迎えると、もっと落ち着いたクラシカルな雰囲気の腕時計を好むようになりました。

デパートの時計売り場や雑誌で色々な腕時計を見ていると、最初は目移りしますが、何度も繰り返し足を運び、時計を着用すると、「この時計はすごく良い」というものが見つかります。

候補の時計について、インターネットで、「こだわり、内部のムーブメント、歴史、ブランド理念、有名人は誰が着用しているか・・」などを調べましょう。

そして、さらにもう一度時計売り場に足を運んで、着用するのです。

私は、何度も何度もこれを繰り返したことにより、買った後に他の時計に浮気をすることはなくなりました。

スポンサーリンク

3.ロレックスのスポーツモデルは品薄に。

一度、デパートのロレックスの売り場へ足を運んでみてください。
ケースの中にほとんど商品がないことを確認できると思います。

ケースの中にある時計は、ほとんどがクラシカルなタイプの腕時計で、私はどちらかというとそれが好きなのですが、スポーツモデルの腕時計はほとんど在庫がないでしょう。

スポーツモデルとは、デイトナやサブマリーナ、ミルガウス、エクスプローラーなどを指します。

もし、足を運んだときに見つけることができたらラッキーだと思います。
某大手家電量販店では、並行輸入品のロレックスのサブマリーナが定価よりもかなり高い値段で売られています。

それでも売り切れてしまうのですから、ロレックスの人気は凄まじいですね!

ロレックスが人気なのは、デザインが洗練されており、性能も良いだけでなく、アンティーク市場でも人気が高いので、もし売却することになっても、購入時より値下がりする幅が小さいこと、稀に値上がりすることが挙げられると思います。

世の中のほとんどの時計は、着用していれば、価値はどんどん下がっていきますし、売却するときは二束三文でしょう。

もちろん、本当に自分が気に入った時計を買うのがベストなのですが、売却するときのことも頭に入れておくと、時計を見る目も変わってくるかもしれませんね!

スポンサーリンク