男性も日焼け止めを塗ることは必須!

紫外線の量が増えていると聞いたことはないでしょうか?

原因は、オゾン層の減少やオゾンホールの拡大が関係していると認識していましたが、実は違うのです。
気象庁のHPによると、紫外線を散乱・吸収するエーロゾル(大気中の微粒子)の減少や天候の変化(雲量の減少)などが可能性として示唆されています。(参考:気象庁HP

燦々と降り注ぐ太陽光を直に浴びすぎてしまうと、すぐに日焼けをしてしまうということになります。
子どもの頃は、日焼けや紫外線なんてどこ吹く風で、真夏も真っ黒な肌になるまで外で遊んでいましたが、現在は当時よりも紫外線量が多いだけでなく、年齢を重ねると肌トラブルは増えていくものです。

必然的にケアすることが必要なのですが、男性にとっては毎日日焼け止めを塗ることに抵抗がある方も少なくありません。

私自身もすぐに汗で日焼け止めが流れてしまうこと、白残りして顔色が悪く見えることから敬遠しがちでした。

でも、週末に趣味の海釣りに行った際、バタバタとしていたため、日焼け対策を全くしなかったところ、かなり焼けてしまいヒリヒリとしています。

やはり、痛みを防ぐという意味と、アフターケアの手間をなるべく減らす意味でも男性も日焼け止めをしっかり塗るべきだと思います。

男性が日焼け止めを塗った方が良い詳細な理由とお薦めの日焼け止めを公開していきます。


スポンサーリンク

1.紫外線は、老化の原因になる。

紫外線は、シミやシワなどの老化の原因となると言われています。
過度に紫外線を浴びすぎると、細胞も破壊されるので、修復するのにも時間が掛かります。

しかし、女性は毎日の化粧下地の中に、紫外線カットの成分が含まれていることが多く、メイクの段階で紫外線ケアも行っているのでしょう。

一方、男性の場合、化粧をする方は稀だと思いますので、日焼け止めを塗っていない限りは、紫外線に対して無策なのです。

よくよく、職場の上司や知り合いを思い浮かべてみると、同じぐらいの年齢の男女を比較すると、圧倒的に女性の方が肌が綺麗ですし、若く見える方も多いと思っています。

もちろん、女性の方が肌質がきめ細やかで、化粧をしているから綺麗に見えるという意見もあると思いますが、それだけでなく紫外線ケアをしっかりしているからなのでしょう。

2.若さを保ちたい、イケメンでいたいなら、紫外線対策を欠かさないこと。

どんなに今は若くても、イケメンであっても、若さに胡坐をかいていたらすぐに老け込んでしまうでしょう。

若いうちは、若さが最大の武器です。
しかし、年齢を重ねても、若く見られるというのは悪い気はしないものです。

昔は、イケメンと言われていた人も年齢を重ねて、シワやシミができてくると、ただのおじさんになってしまいます。

「昔はイケメンだったのかもしれないね」で済まされてしまうのは寂しい気もします。

私は、海釣りで盛大に日焼けをしてから、なるべく毎日日焼け対策をしています。
一度、盛大に日焼けをしてしまうと、物凄く痛いですし、アフターケアで化粧水をこまめに塗ったり、冷やしたりしないといけないというのも理由の一つです。

でも、毎日日焼け止めを塗るのはとても面倒くさい。
その気持ちもすごく分かりますし、私もそうでした。

スポンサーリンク

3.スプレータイプの日焼け止めを試してみた。

私は、毎日の通勤時間や仕事中など、比較的地下鉄や室内で過ごす時間が長い人間です。

外でバリバリ仕事をしている人は、しっかり日焼け止めを塗った方が良いのでしょうが、私のような少ししか日中は外にいない人にとっては、スプレータイプの日焼け止めも選択肢の一つになると思います。

まず、スプレータイプのメリットとして、手間が少ないことが挙げられます。
塗るタイプですと、伸ばすのに結構時間が掛かるのですが、さーっとスプレーするだけだと楽ちんですよね。

それに、耳の裏や手の甲など、塗るのを忘れがちなところもスプレーだと吹きかけるだけなので、忘れにくいと思います。

長時間外で作業をするなら、長袖、長ズボンを着用し、顔と首元、手元にしっかりと塗るタイプの日焼け止めを塗ることは必須ですが、駅から会社までの移動と昼食ぐらいならば、スプレーで良いのではないでしょうか。

日焼け対策は、無理なく続けるのが一番良いのです。

私は、アネッサのスプレータイプを使っていますが、必要十分な役割を果たしてくれています。
SPF50+/PA++++と成分的にも納得できたので、これにしました。

4.もしも焼いてしまったら?

もしも、日焼けをしたと思ったら、炎症を抑えるためにもまずは冷水や保冷材などで冷やしてください。

保冷材を使う際は、タオルに包むなどし、刺激が強くなりすぎない方法で冷やすのが良いでしょう。

また、日焼け直後はお風呂の湯舟に浸かると、赤くなったり、染みたりしますので、赤みが引くまではシャワーのみが良いです。

また、シャワーを浴びた後は、化粧水やローションなどで、肌の水分を補っておげることを忘れないでください。
日焼け直後は、肌の水分が抜けていますので、定期的に水分を補ってあげるのはケアとしては必要なことです。

もし、金銭的に余力があれば、美白用の化粧水やクリームを用いると良いのですが、まずは冷やして、水分を補ってあげることが第一なのです!

スポンサーリンク